2017/08/20

ロンドン旅行メモ(ガトウィック空港編)

通常、日本から飛行機でロンドンへ向かう場合、
恐らくほとんどの人が、直行便の飛んでいる
ヒースロー空港を利用されるかと思いますが、
今回の旅ではノルウェーのベルゲンから移動したため
初めてガトウィック空港を利用しました。

元々はブリティッシュエアウェイズの便で
お昼過ぎにヒースロー空港に到着する予定だったのですが、
スケジュール変更で夜出発になってしまい、
それではロンドンで何も出来なくなってしまうことから
国内の窓口に電話して、キャンセルすることに。
(先方都合なのでキャンセル料もなく、対応も親切でした)

その後、代替えに選んだのは
ノルウェー拠点のLCC、ノルウェーエアシャトル。
こちらは早朝出発便でしたが、それ以外の手段がなく
そんなに評判も悪くない、ということで利用してきました。

実際には欠航や遅延は多いようでしたが、
自分の利用した便はベルゲン空港の駐機場で
謎の30分待機があった後、
きっちり30分遅れでガトウィック空港に到着しました。
(機内ではコーヒーが無料で飲めました)

事前に予定をガッツリ組んで行動するタイプなので
この30分の遅延はなかなか痛いものがあったのですが、
僕にはその事前対策として、
旅行前にひとつ手を打っていたことがありました。

それがガトウィック空港で実施されている
プレミアムパスポートコントロール
いわゆるファストトラックです。
(ヒースロー空港でこのプログラムは実施されていません)

ファストトラックを利用できるのは
ファーストやビジネスクラスの乗客に限られるケースがほとんどで
今回乗ったLCCでは、利用できるはずもないのですが、
いろいろと調べてみると、
ガトウィック空港では別料金を支払えば
誰でもファストトラックを利用できることがわかったのです。

前回、初めてロンドンを訪問したときは
特典航空券でヴァージンアトランティック航空の
アッパークラスを利用したのですが
(日本路線から撤退した今となっては貴重な経験でした)
ヒースロー空港はファストトラックでさえ長蛇の列が出来ていて、
入国までにかなり時間を要した記憶があります。

そんな入国審査の待ち時間を
何とかして短縮できないものか?と思っている方に
まさに打ってつけなこのプログラム、
何とそのお値段、9.99ポンド(約1,400円)なんです!
(ちょっと胡散臭いですか?)

手続きはもちろんウェブ上から。
到着予定時刻の24時間前まで申し込めて、ステップも至ってシンプルです。
ただし、1時間に何人という枠が決められているようなので
時間帯によっては利用できないこともあるかもしれません。

また、時間帯が決められているため、
予約した時間から1時間以内に通過することが求められるので
飛行機が遅延した場合、どうなるのかがちょっと不安なところ。

僕の場合、朝9時の時間帯を予約していたのですが
飛行機が30分遅延してしまったので、
結局、パスポートコントロールに着いたのは
9時50分くらいでギリギリセーフ(汗)。

ですが、到着した時間帯の一般レーンは
かなり長い列が出来ていたにも関わらず、
ラッキーなことに、ファストトラックには
誰も並んでいない状態でした。

一般レーンの奥にある専用レーンの手前に
係員の人が立っているので
そこで予約した際に受け取ったEメールを提示すればOK。
混雑している一般レーンを横目に
入国審査官のブースまであっさり到達できます。

どこの国へ行っても、入国審査はちょっと緊張しますが
女性の入国審査官には入国の目的を聞かれただけで、
あっという間に終了してしまい
逆にこれでいいのかな?と思うほどでした。

こうして目論見どおり、遅延した30分を取り戻し、
意気揚々とターミナルとバリアフリーで直結している
鉄道駅に向かったのですが、
何と肝心な鉄道がすべて遅延している・・・
というオチが待っていました(苦笑)。

ちなみにロンドン中心部までは
ガトウィックエクスプレスのような優等列車を使わなくても
グレートサウザンレイルやテムズリンクの電車が走っているので
オイスターカードを利用して移動することが可能です。

僕は以前購入したオイスターカードを忘れてしまったため、
改めて買わなくてはならず、
ターミナル側(西側)にある自動券売機の列に並んだのですが
そこでは購入できないことがわかり、
改めて駅の一番奥(東側)にある窓口の列に並び直して購入しました。
(払い戻しが出来ないビジターオイスターカードのみ販売しています)

ここからホテルのあるロンドンブリッジ駅へは
テムズリンクの直行便があるはずだったのですが、
その列車は平日しか走っていなかった、なんていう
想定外のこともあるので、下調べはくれぐれも入念に・・・。
(結局、ウォータールー経由で1時間ほどかかりました)

余談はさておき、ロンドンへ行かれる際、
他の都市を経由して移動される場合は
ガトウィック空港に到着する便を選択するのも
ひとつの手かもしれません。

9.99ポンドが高いか安いかは判断が分かれるところですが、
長蛇の列を回避可能なこのプログラムを利用すれば
もしかするとヒースロー空港を利用するよりもスムーズに
ロンドン中心部へアクセスできるかも?
ぜひ参考にしてみてください。

<公式サイト>
ガトウィック空港