2018/04/22

朝食@ハイアットセントリック銀座東京

先日、銀座の中でもとりわけ
数多くの高級ブランドショップが出店する
ハイソな雰囲気の漂う並木通りに開業したばかりの
ハイアットセントリックに滞在してきました。

ランプに炎が灯る1階のエントランスから
エレベーターで4階のロビーまで上がると
すぐ目の前に開ける吹き抜け空間の下に
劇的なバーラウンジとダイニングが広がっています。

外側には建物の間口とほぼ同じ長さで
外気を直接感じるテラス席も設けられていて、
並木通りを上から眺めることの出来る
ビュースポットになっていました。


朝食はその3階にあるダイニングでいただけるのですが、
ロビーからも見える吹き抜けの高い天井一杯に
インパクトのある活版文字が壁面を飾り
元々新聞社の所有しているビルであることを感じさせます。

間仕切りで貸し切りも出来るスペースもあるほど
思いの外、奥行きの広い空間なので
客室規模に比べて、座席数も充分に用意されていて
混み合うことなく、ゆっくりと食事が摂れる印象でした。


ダイニングのエントランス近くには
開放的なオープンキッチンが陣取っていて、
夜にはテーブル席となる長いカウンターに
ブッフェの料理が所狭しと並べられています。

朝食は基本的にブッフェスタイルなので
ほとんどのゲストがこちらを利用しますが、
アラカルトのメニューをお願いしたところ
部屋にあるルームサービスと同じものをお持ちいただきました。


最近はホテルの朝食でフレンチトーストを
オーダーする確率が増えたのですが、
それほど選択肢のないアラカルトメニューでも
しっかりラインナップされていました。

バゲットタイプのパンを使用した
可愛らしい見た目のフレンチトーストは
外はカリッカリですが、中身はちゃんとしっとり。
ベリーのコンポートとクリームが添えられていました。


まだ新しいホテルだけあって
接客サービスに不慣れな感じのスタッフもいますが
お店の雰囲気は畏まり過ぎず
ビジュアルを意識した華やかさが随所に感じられます。

ホテル自体のゲストも外国人比率が高いので
朝食も同じ空間にいるゲストの方はみんな外国の方。
日本にいるはずなのに、日本じゃないような
プチトラベル体験が出来るかもしれません。